T今、長男が10日間ほどわたしの実家に遠征していて、夫も仕事でしばらく不在だったため

次男(1歳)とゆっくり過ごした、雨のここ数日。

雨は潔く、家の中に篭れるから

朝起きて雨音が聞こえると布団の中でにんまりしがちなんだけど(幼稚園のバス停までの送迎がある時はまた例外)

梅雨でしょうかってレベルのこの長雨に、体力有り余る息子とのべったりな生活に、ちょっとだけ憂鬱になったんだ。

それが昨日の夕方、雨が止んで

椅子を持ってスキップしながら(してないけど)念願の海岸へ。

(これは今朝の景色。昨日の夕方から3度目のここw)

家の中だと忘れがちなゆったりとした呼吸をここにくると思い出せるし、気心知れた人たちに自然と会えるのも、また幸せなんだ。

(日常の流れ的に人々が集合する感じがわたしはたまらなく好き)

気分が解放されたのか、ほとんど畑にはノータッチのわたしも今朝はなんだか様子が気になって、ドライブしがてら訪れてみた。

今年は日当たりの良い場所じゃないところにアサインされたため(2年おきに場所が変わるシステム)あまり豊作を期待してないんだけど

それでも行ってみたら予想外にたくさん野菜ができていて、ちょっと感動したっていう。

とはいえ、わたしの畑に対する満たされ感は夕方に食材の買い出しに行かなくて済むとわかるこの感じ。食材を買う時って今晩の献立を考えるにとどまらず翌日のご飯のこととか何が今家に不足してるかとかめちゃくちゃ頭使うから、逆にあるものでやりくりする方が楽だったりする。し、そっちの方がクリエイティブな感じがして楽しい。

(畑で採れた野菜もホタテパウダーにつけてから野菜室へ。これで持ちが良くなるし、野菜も活き活きする。)

雨ときどき晴れ、天気も変わりゆくからこそ

日常の小さな喜びに気づける。


エリザベス:幸せってこういうことやで。
カテゴリー: blog