M月曜日が好きだ。

何にもとらわれることがない日。

店を営業する日のように場所と時間にとらわれる日も、今日のようなそうでない日もわたしにとっては馴れ合いにならないのでどちらも必要だ。

なんて言いつつ、基本的に完全なオフは日曜日だけで営業時間に手が付けられなかった仕事をしたりもするのだけど。

そんな今日は朝から梱包作業。

変わらずこうやってお客様へのお手紙にカリグラフィーでお名前を入れている。

今は完璧でないこの癖のある感じも可愛いなと思いつつも

本音はもっとめちゃくちゃかっこよく書きたい。笑

ということで今日は珍しく諸々完了後にひたすら特訓。

こうやって書いてみたら気づくのだけど

不完全に思えても実践で書く文字はエネルギーが乗ってるんだなと。

テキストをじっくり眺めながら練習帳に書く文字よりも、1枚のカードへの緊張感と丁寧さを持っての一文字一文字は自分でもその違いが顕著にわかる。

お客様のそれを手にした時の高揚感をイメージして心を込めて書くことは、ただ上手くなろうとすることよりも大切なのかもしれない。

しかしどんなに現状に丸をつけられてもわたしの本音はもっと超かっこいいのが書きたい、だ。笑

そんなことをしていたらあっという間に正午を過ぎ、冷蔵庫を開けて1分で完成させたこれを食す。

適当に見えつつも、わたしの大好物。(これに白飯もつけるよ)

14時には長男が帰ってきてそこから習い事祭り。

時間に追われない日なんて言いつつ、そんなのが丸1日ある日なんて今はないからこそ

せめても自分の頭と心だけは常に自由でいたいものだ。