M先月の、現実的には意味のないことだけれど心が躍って仕方ないことを何よりも優先して過ごしてみた1ヶ月。

そこで得たもの、見えたものは

・思考の領域が拡がったこと、いつもの型にはまった行動だけでは見つけられなかった、自分の無意識の可能性の領域なるものを広げられ、感じられたこと。

・いつか得たいと漠然と思ってる自分の憧れのサムシングは、今この瞬間に別の形であっても同じ感覚としてすでに感じられるものだということ。

不思議と先月中旬に突然家族から

一人で3日間ホテルに籠るというプレゼントをしてもらえて

時間や役割を気にすることなくただひたすらに自分が決めた在り方を思いっきり実践することができた。

まずはシルクを全身に纏って(所有しているBasaraのアイテムをここぞとばかりに)身体を緩めて、だけどすごく優雅な気分になることからはじめて

(もっといい写真撮っとけばよかった、、)

売ることを目的としないで(他者の視点を介入させず)美しいなと自分が感じるまま、アクセサリーをうきうきと作ってみたり

さらりさらりとグッとくる絵を描いてみたり


お酒を飲んでふわ〜っとなりながら超じっくり自己対話したり

占い師のようにオラクルカードで遊んでみたり、退行催眠をして危うく逝きかけたりw

映画をはしごして物事の考察をじっくりしてみたり

日常から解放されたような時間だったけど、日常にこれを当たり前にもっともっと持つこと散りばめまくる事が何よりの理想であり課題なんだよなあ、と

気づかぬうちに惰性でできてしまっていた日々を振り返ることもできた。

そんな日常では

心が躍るような直感のまま気まぐれお花屋さんもやってみたり

今までスルーしてたところを整えて美しくしてみたり

その他にもビーチでワインを飲みながらの読書だったり(海外に行けなくても同じ気分〜なんて感じられたり)、一人あてもなくドライブなんだりを

小さなことでもとにかくとにかく心が赴くままに堪能した。

そうやって自分の今までしっかりみてこなかった、いや、やるべきことに押しつぶされておざなりにしてしまってきた領域が突如垣間見れ、拡がったような

意味のないこと、誰からも求められてもないようなことの中に

探し求めている感覚がたくさんあった。

その感覚に出会えたときは、これですこれです、本当に最高、めっちゃいい〜〜〜って思いっきり口にすることもやっていたんだけど

これが意外と感じ切る、至福に気づくという点でとても大事な気がした。

(ええ。変な人なのはわかってる)

こんなのがいい!こういう気分で生きていたい!こういう一瞬一瞬を重ねたい!

そんな自分の本当の望みのようなものがたくさんたくさんそこには散りばめられていて

触れるたびに自分の中の何かが拡大するようだった。

いつか叶えたいこと、掴みたい感覚はきっと自分が勝手に見えなくしてしまったところに散りばめられているんだよね。

それを掴みにいくというより

力を抜いて自分に優しくなったらそこには簡単に出会えるものな気がした。

だって意味のないことをやっていいと自分に許可することってそもそもすごく自分に優しいことなんだもんね。

体感覚としてそんな宝のような気づきをたくさん感じられた2月だった。

その在り方は引き続き日常で意識しながらも

今月は拡がった未来のイメージも優しくそっと側に置きつつ

矛盾してるようだけど、

今目の前にある力を注ぎたいもの、現実的に意味がありそうなものにも善悪つけることなくとことん向き合って形にしていくと決めた。

目の前にあるもの、やること、見えるものを一つ一つ丁寧にやる。

無意識の領域だけでなく、新たに見えた望みの部分における物質的な領域も拡がっていくといいなと

そんなふうに思ってる。(この感覚、伝えづらい、、)

とにもかくにも心が躍った自分のまま、どこか掴み所のない遠くをめがけて進むというよりも

今ある目の前にあるものを無限の可能性と捉えて、ただただ丁寧に愛でていく。

カテゴリー: blog