S拗らせていた風邪がようやく回復しました。

咳が長い間止まらなかったので、不思議だったのですが

何か意味があるのかと調べてみると

 

言いたいことが言えていないとき

身体の症状として咳が出る

 

らしい。

(わたしはこういうのをとても信じるw)

 

 

で、今の自分を振り返った。

 

 

そしたらいくつかやりたくないこと、言えていないモヤモヤ、違和感があった。

 

今はアクティブに動けないし、何も考えずにYESとしてしまっていることが。

 

でもそれは本当は相手に嫌われたくないからとりあえずYESにしてしまっているという思考からきている選択だ。

 

だから自分の信念を再確認しそこに反している

今もっている違和感に対して

臆することなくNOと言ってみた先週のこと。

 

 

 

 

 

頭も身体も軽くなって、気分がとても良くなった。

そして体調がようやく回復した。

 

 

さて、そんな前置きは良しとしてw

 

 

 

 

時を同じくして先週、違和感を手放した時だったかな

海をぼーっと見ていたら面白い言葉が降ってきた。

 

それは

 

 

7に生きよ。

 

 

 

???

 

 

ですかねw

 

わたしは割と数秘というものを信頼をしていて

わたしの今世の数字は7。

(西暦の生年月日を1桁ずつ足して出る数字のことです)

 

 

数字にはそれぞれ意味があって

わたしが大切にしている7の意味は

 

論理的、哲学、内省、ひとりを楽しむ、スピリチュアル、批判的。

 

 

つまりこの数字の意味を大切にして今はここに思いっきり没頭して生きてみたら

というメッセージだと解釈した。

 

 

でね、この最後に書いた

 

 

批判的

 

というネガティブワードw

 

これがずっと良い意味でわたしのキャラでもあり個性なんだと思って

昔はまあ毒舌キャラとして生きていたんだけど

ある時誰かを傷つけてしまっていることに気づいて

 

自分を責め、できるだけそれを押し殺そうとしていた。

 

人を批判するなんていけないことだ、と。

 

 

 

でも7の特徴だと知った時

批判してしまう自分をさらに批判して苦しんでいる自分に気づいた時

もはやこれは強みなんだと悟ったw

 

そしてなぜ苦しむのかについて考えた。(これも7らしさ)

 

 

 

それは批判の力を中途半端にネガティブに使っているから。

皆さんもご存知、物事は紙一重であって

 

 

批判をそのまま口に出せば、ネガティブに働くかもしれないが

批判から生まれたものを改善して自分なりの形にしてみればそれはポジティブな力となる。

 

要は批判をいちいち口にすることなく、その視点を生かしてオリジナルのものを生み出すのだ。

 

 

このブログも然り。

正直批判の力で生まれた。

 

 

ここに関して常に心に留めているのは

決して誰かを否定することなく

はじめは否定的な感情、思考だとしてもを自分の中でうまく変容させて

淡々と自分だったらどうするかをただひたすら淡々と形にするということ。

 

 

 

 

だから今わたしは

 

なんでも肯定して、なんでもOKと言っているのも

きっとかつては責めていた批判する自分に降参したから。

 

 

そんな自分を許し、受け入れ、ネガティブの先へいく。

 

 

そうしていくと本当に物事はなんだってOKだと思ってしまわざるを得ない。

 

 

自分の嫌いなこと、封じてしまっていることがある時

もしかしたらそれはとてつもなく大切な自分のポジティブエネルギーかもしれない。

 

 

 

 

そんなことを改めて強く思った今朝。

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー : blog
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial