Pわたしは生まれ故郷の山口で過ごした18年間

相当な劣等感を抱えて生きていました。

(あ、すいません、今日は重めw)

 

今日はそんな過去の自分を受容したはずだったのに、今一度向き合う機会に恵まれてしまった話。

結論としては消したいくらいの過去にもう一度真正面から向き合えたことで

今の自分の使命の一つに気づく事ができました。

 

 

ちなみに昨日の台風の中奇跡的に実家に帰っています。

きっと今日の出来事を体験するためだと確信するほど。

(ズーム撮影で見にくいけど全便欠航の中、不思議なことに唯一飛んでくれたワタシが乗る便w)

 


 

わたしは家族のこととか自分の外見のこととかその他諸々で相当過去に蓋をして生きてきました。

 

もちろん大学デビューも社会人デビューもしたと自覚しているくらい。

(ある意味2度転生してるwあー人生の失敗の数半端ないww)

 

 

で今日、お兄ちゃんファミリーが夕食時に来ていて

謎に、ほんとに謎に兄が過去の思い出映像を流してきたのです。

最初はふーんと思って見ていなかったのだけど

お兄ちゃんが小6の時だと言っていて

 

 

ん?てことはわたし小4の時!?!?!?

 

それって

 

それって

 

ワタシピークにデブのトキヤナイカイ!!!!!!!!爆(心臓もバクバク)

 

 

 

もう小さい頃はデブをネタにされ続けて生きていたし

そのころの無数の傷がフラッシュバックしてきたのです。

 

すっかり忘れていたのに。

 

 

で、どんどん居心地が悪くなってきて

でもお兄ちゃんも悪意があってやってるわけじゃないし

(家族で思い出を共有したかったむしろ親切心だよね)

 

 

ちょ、これ神様、何がしたいん!?!?!?

わたしに何を見せたいん?!?!パニック!てなりましたw

 

 

後に書きますが

わたしは自己受容と自己肯定をしっかりした上で今自己実現の道に来ているつもりでした。

(3ヶ月間みっちりそういうプログラムも受けたくらい)

 

けどこんな感情になるなんて本当は自己受容なんてできてなかったのかなと思ってしまい

そこにもショックを受けました。。

 

でも本当に自己受容できてなかった時は不機嫌になって家族に当たり散らして

怒りに任せて多分東京に帰ってたなーって。。(短気のレベルw)

 

 

ただ今回は違った。

めちゃくちゃ冷静に受け止めることができて

お兄ちゃんはきっと何か役割を果たしてくれててわたしはきっとそこから何かを受け取らなければならないと思ったのです。(もちろん本人に自覚はないけど魂レベルの話)

 

でもそんなこと考えててもその場にいるのがあまりに不快で居心地が最悪になってきたので

別の部屋にしれっと逃げることを選択。

自分に対して無理はせんでいいよって思ったのです。

 

 

で、誰もいない部屋に来た途端

ブワッと涙が出て止まらなかった。

辛かった。。。

 

あの時の自分の気持ちを思い出したのと

あの時の自分を今全否定してる気がしてならなかったから。

わたし自己受容なんて何もできてないやんって。

 

 

でも冷静になったら違ってて

太ってた自分を頭で思い出したり、人に言うことはもうできる。(勇気はいるけど)

ただ今回はみんなの前で映像として見てしまったこともあり相当ショックで。。

だってもし仮に過去に虐待を受けてたとしたら

頭では許せてもその映像を見ることは吐き気がするくらい拒否反応が出ることだから。

 

だからこれでいいし、この感情を否定しなくていい

わたしは過去の自分をしっかりと受容できているし今何ら問題ないのだ。

そんな風にちょっと安心できたのです。

 

じゃあ今回この出来事から何を気付かされたかと言うと

そんな過去を持ちながらもわたしが今「洗練」をお店のコンセプトどころか人生の価値観にしているくらい

大切なキーワードにしていて

そこに対してなんら違和感を持たないのは

この過去の自分があるからこそだと言うこと。

 

太っていたから、自分が嫌いで仕方なかったから

たくさん努力をして自分がどんどん愛おしくなってここまでこれたんだ。

もちろん完璧ではないし「洗練」の定義は外見に限ったことではないんだけど。

でもあの時太ってて本当に良かったんだと思える。

 

辛かったね、嫌だったね。でもあなたのその感情は今大きなエネルギーとなって確実に素晴らしい未来を創ったんだよとあの時の自分にハグしてあげられる。

 

 

自己受容にとどまらず

わたしは過去と今を統合することができたのです。

(統合の定義はよくわかっていないのだけど、感覚として統合な気がする。昇華していく感じ)

 

 

実はわたしここ最近

お店のモチベーションがよくわからなくなっていたのですが(!?)

コンプレックスだらけだった自分が何か夢を実現していく姿は

きっと過去のわたしのような人の力になる。

 

洗練のかけらもなかった自分が

少しずつ自分なりの洗練の階段を登っていったからこそ人に響くものがあり

それは言葉にせずともオーラやエネルギーとして必ず介在する。

 

 

神様はきっとのろのろ平和な現状維持をしているわたしに使命をこうやって教えてくれてる、そんな気がするのです。

 

 

 

そしてわたしはただひたすら突き進んでいくだけではなく

きちんと目の前の人の痛みを泣けるくらい、吐きそうになるくらい分かることができる、聞いてあげることができる

過去の自分があったからこそ振り幅のある感情を共有できる人間なんだ。

 

そんな学びがあった今日。

 

 

人生って本当によくできてる。

昔は家族とうまくコミュニケーションが取れなくて常に怒りを抱えて生きていたけど

今思えばみんなが気づきや道を見せてくれているのですね。今も変わらず。

 

 

っと毎度毎度

個人ブログならまだしもお店のブログにこんなにも自分のことを赤裸々に書いておりますがw

このお店はわたしのビジネスの側面では決してなく

わたしの一部であり人生そのものなのです。

だからありのままの自分を記していこうと思っています。

 

調子のいいことやカッコいいことばかりを見せるのは簡単。

だけどわたしは弱みを見せられる強い人間でありたい。

そしてできるだけ自分が体験し感じた事をリアルに記していきたい。

 

ちょっと前まで、なんなら数時間前まではこんなことブログに書くなんて到底できなかったけれど

今日の経験でまた一つ大きな殻を破れた気がする。

 

ありのままの自分を世界と調和させていく。

まだまだ人生挑戦だらけだ〜〜〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー : blog