L昨日から息子がまたしても39度の高熱を出し

看病に追われていました。

今日病院へ行ったところ幸い感染症ではなくただの風邪でしたが

今月は予定調和が崩れがちで

なんだかモヤモヤすることもあったりして。。。

(それだけが原因でもないのかもしれないけど)

 

 

 

まあこんな時もあるよねと言い聞かせてる自分と

どこか弱音を押しつぶそうとしている自分が介在している

とても心地良くない状態が続いていました。

 

でもつい先ほど息子を寝かしつける前に

キッチンでせかせかと翌朝のためのお米研ぎをしていたら

息子が突然こちらへ歩み寄ってきて

 

 

息子「かあしゃん、いつもありがとう」

 

私「え、なになになんでそんなに優しいの〜」

 

息子「だってありがとうって言ったらみんな嬉しくなるよ」

 

だって。。。

(息子3歳9ヶ月、人生悟ってる系男子)

 

 

その時に私は気づいたのです。

 

 

世の中愛があればあとはなんでも良いと。

 

つまり

息子の一言でわたしの何かが温かくなり満たされて

今抱えている問題が問題ですらなくなったのです。

 

 

その後寝かしつけの時に

わたしの頭は愛があればなんでも良いについて分析し始めw

あることに気づきました。

 

 

それは

愛があることなんでも良いということを分けて考えた時に

なんでも良いって改めて素敵だな〜ということ。

 

そしてその状態は愛があれば成立してしまうものだということ。

 

愛が不足し視野が狭くなってしまうとわたしの場合

つい無意識にこれは良くてこれは悪いと物事をジャッジしてしまうのですが

(それは他者に対しても自分に対しても)

 

ジャッジしないこと

すなわち

なんでもOKってすごく平和で優しくて本質の状態だなと思うのです。

 

 

世の中みんなそれぞれが違う性質のものでできているんだから

その多様なものを丸々OKにできたらこれ以上生きやすいことはない。

 

THE本質w

 

 

だから行き詰まった時には

今自分の中に愛はあるのか

 

問題云々の前に

そこだけを見つめていけば良いのかもだなと思いました^^

(そこももはや断定しなくても良い気がする。なんでも良いのだもの。)

 

愛のある世界は子どもやペットを見ていたら

とても純粋に学ぶことができますね。

 

www

 

 

子どもから学ぶとはまさにこのこと。

息子からの愛についての気づきがあってから

単純ですがなんだか世界がとてもハートフルに変わったような気がします。

 

 

それもあって今抱えている問題と思しきことも

一つのきっかけであり

それも全部ベストなんだな〜。

 

 

渦中にいると飲み込まれてしまって辛いけど

でもそれも全部OK。

 

本当になんでも良いって素晴らしい。

 

このわたしのブログも

もはや誰かの正解になるかもしれないしそうじゃないかもしれない。

 

でもそれで良いのです。

 

全部全部それで良いのです。♡

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー : blog
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial