H自分に没頭する瞬間を意識的に持つこと。

情報過多なこのご時世、そして現在進行形で時代の変化が激しいからこそ

誰の視点も入れない、自分だけの世界に浸ることが大切な気がしている。

その没頭するものはなんの価値も意味も見出せなくても良い。

ただひたすら自分が高揚してやまないこと。

時代の変遷期である今、もちろん大切な情報が飛び交っているかもしれない。

だけど冷静にそこから一歩出てみると

変わらぬ愛おしい日常があって

変わらぬ自分だけの幸せの価値観がある。

変わっているようで、大切なものは何も変わっていないことに気づく。

いろんなものに流されてもいい。

でももしそこに少しでも不快感を感じたなら

流されてるな〜あははと気楽に客観的に自分を捉えながら

自分のスイッチをいつでもバチッと戻せるようにしておくこと。

何をしてても自分の感覚のセンサーだけはしっかり捉えてて。

何をしてもどうなっても良い。

だけど感覚だけはきちんと選択していくこと。

あ、これは、今日自分に向けて手帳に書いたこと。笑