D今この限られた時間で日々没頭してやっていることがあって

それは

 

カリグラフィー。

 

(もちろん今は二人の子供との時間が9割な日常で、その隙間に息抜きがてらでという感じなのだけど)

 

 

なぜ今このカリグラフィーにハマっているのか

相変わらず自己分析が大好きなのでw 考えてみたらすごく自分がクリアになった。

 

 

 

このカリグラフィーに対してわたしが好きだなあと思うのは

 

・書くという行為

・文字や道具の美しさ

 

この二つ。

 

 

 

 

 

もっと突き詰めてシンプルにいうと

 

書くことと美しいものを見る

 

それが好き。

 

 

好きな対象を見つけたらとことん掘り下げてみる

すると最後は必ず

 

 

自分の好きな動作に行き着く。

 

 

 

この定義でいくとわたしの場合

もはや書くことすら美しいものを見るための前提の行為であって

 

 

究極は

美しいものを見ること

 

これのみに尽きる。

 

 

この結論に至る過程には

その手前のいろんな自分の好きっぽいものが見えてくる。

ここで言えばカリグラフィーが好き!以上。のような感じ。

でもそれだと持続しなくって。

好きは好きなんだけど核じゃないからそれは結構フェイクってことをもう何度も繰り返した。

で、いつも自分の好きに対して自己嫌悪に陥っていた。

(飽きるの早くない?とw)

 

 

究極の好きなことってそのままお金になるようなことだと思いがちだったんだけど

結局行き着いて思ったのは

大抵生産性とかないものなんじゃないかってこと。

(だって美しいものを見るだなんて、もはや何も起きない笑)

 

もうお金にならなくとも無駄の極みであろうと今世は自分の王国のようなものを築きたい

 

理由はわからないけど

そんな願望がすごくわたしにはあって。

 

 

だから徹底的に自分の好きなことに対して向き合っている。

と言うかそれをやらないと自分から目をそらして気持ち悪い感覚になる。

 

 

そんな最近w

 

 

 

このご時世いつ死ぬかもわからないなら

とことんこの無駄を生きたい。

 

 

 

好きって人それぞれ持って生まれてきたものだから

それを追求していくってすごく素敵なことだと思うんだ。♡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー : blog
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial