C先日オープンしたと書いたWEL’L STAND(お店の前でホットドッグとビールを売るという企画)

1ヶ月も経たないうちに閉店します。w

 

今日はやってみてそれを辞めるに至った経緯と感情を考察してみたいと思います。

 

この辞めるという決断に至ったのは先日の葉山花火大会でのこと。

WEL’Lチーム4人で試みたのですが、何だか終わった後わたしは心がモヤモヤ

でも結局擦り合わせてみたら全員が同じように違和感を抱いていたという。

 

そもそもこの屋台をやってみようとなったのは

まだまだお店の認知度が低いということで

少しでもここにお店があるよというアピールになればというものでした。

(そこには何も違和感なし)

夏になると人通りが多くなる→お店の中で待ってないで外に出てニーズあるものを売ろう!(この時点でちょっと他者目線)→お客さんがいまいち来ない笑→好きじゃないフードでやろうとしているから人が来ないのであればやりたくない。爆→というかフードをやりたくない(結局ここ)

 

(毎度おなじみですが結構暴露しましたw)

 

 

 

WEL’Lの理念の一つに

エネルギーが高まることをする

魂が震えることをする

というものがあります。

これは要はチーム一人一人がやりたい!好き!ワクワクする!というものだけを結集させるということ。

違うと思ったことや、他者目線では選択しないというものです。

もちろんこれで商売が成り立つのか答えはわかりませんが

でも本当に心からいいと思えるものを提供することはお店をやる上でとても大切なことだと信じています。

 

そしてこう自分で決めたからそれを遵守するというより

とにかくわたしは違和感を持つと心が叫び出すのです。

それは違う!あんたこの世に生まれて何がしたいんやー!と。

(本当にこんな声が聞こえてくるw)

会社員やってた時なんて自分の声なんてひたすら無視し続けていたけど

自分で人生をクリエイトしている今

自分の声を羅針盤にするしか心地良い方法がないのです。

 

 

ただ頭で考えるよりもやってみないとわからないことの方が多いから

何かに導かれたら一旦やってみる。

そこから気づきと学びを得て軌道修正する。

それでいいと思っています。

 

なので側から見たら迷走していると思われるかもですが

わたしはどう見られてもいい

だからそこは恐れずトライする。

 

むしろこの1年はとにかく自分の心地よさの追求に思いっきり迷走しようと思っています!!

 

 

で、今回フードは嫌だと改めて認識した上で

じゃあわたしは何をこのお店でやりたいの?となった時に

 

やはり学びの部分といいものを長く使うを体現するアイテムを販売することなのだと確信したのです。

 

何度道を踏み外しても結局ここに帰ってくる。

その度に自分がやりたいことが確信へと変わるのです。

 

 

フードがなければお客様は来ないという自分で作り出した思考を取っ払って

自分の魂が喜ぶことばかりやっていきたいと思います!

 

でもまた迷走したらここに書きますw

こんな感じですがw今後ともどうぞよろしくお願いします♡

 

 

 

 

カテゴリー : blog