A昨日の振り返りの記事

物事が形になるとき

恥ずかしいとか、できないんじゃないかとか、失敗したらどうしようという抵抗は消える

と書きました。

 

消えるという表現をしましたが

それはつまり

 

恥をかく自分でもOK

できない自分でもOK

失敗してうろたえてる自分でもOK

 

その一見ネガティブな状態になったとしてもわたしには最高に価値があり

その状態になっても何の問題もないと受け入れてあげること。

 

 

そうやって抵抗だと思っていたものを受け入れられた時

それは抵抗から前に進む力に変わる。

 

 

具体的にWEL’Lでのわたしを例に出すと

 

ワークショップから、自分を成長させる学びであるgrow ownに名前とコンセプトを変えてやってみようとした時に

こんな思考と感情が湧いた。

 

誰も覚えてもくれないし、使ってもくれないんじゃないか。

で、そのうち消えていって何もなかったかのようになるんじゃないか。

こ、怖い。w

 

これがわたしのしょうもない本当にちっぽけな抵抗。笑

でも自分の中では割とハードルが高く、やりたいという大切な衝動を止めてしまうような抵抗。

 

ぶっちゃけてしまえば

このままワークショップという言葉を使い続けても何の問題もないし

やらないほうが何かと楽な訳で。

 

 

で、この状況からのわたしの抵抗の消し方、受け入れ方は

 

grow ownがみんなに覚えられなくてもOKだし

使われなくても消えていったとしてもOK。

お客さんに理解されなくて誰も来なくなったとしても

何が起きてもオールOK!

とまずどんな自分になっても自分を認めてあげると覚悟すること。

(覚悟といっても力む感じではなく、ま、いっかという軽いテンションで)

 

そしてそこからもう1つ

何より自分のモヤモヤを無視せずに行動し自分の心を大切にできることが

わたしにとっては何より大切で価値のあることだと

自分だけの価値観に焦点を当てまくること。

 

やりたいという本音から逃げた時に残るのは

その心を無視してモヤモヤすることで

 

わたしがいつもなんだかんだ進めるのは

このモヤモヤだけはどうしても抱えていたくないという強い価値観があるから。

 

 

だから抵抗が生まれた時にやることは

どんな自分でもどんとウェルカムからの

自分の心がどう在りたいかだけにフォーカス!

 

たったこの2つ。

 

つまるところ、これって何にでも当てはまるのですが

人からどう思われたって嫌われたって笑われたって

自分が自分にOKを出していれば何でも◎なのです。

 

そして自分の価値観を明確にして大切にしてさえいれば

生きてく上でこんな最強なことはない。

 

 

 

 

結果自分を成長させる学びのgrow ownは

今集まってくださっているお客様に共感していただけ

いいね!と言ってもらえ、いつもサポートくださる講師の方にも当たり前のごとくこのワードを使っていただけていて。

 

こんなちっぽけなことでも人が集まり共感が強くなることで意味を強めてどんどん広まるんじゃないかと

今は当初微塵もなかった新たな自信が湧いています。

 

(個人的に毎回感動が止まらないスワッグの回w)

 

 

調和すること

 

これは2019年に特に意識したいテーマなのですが

どんな自分にもOKを出し続け

同時に周りの人たちや起きる物事に対しても

OKを出せることで

みんながみんなありのままの自分で調和できる世界をつくる。

 

まずは自分自身、次に家族、その次にWEL’L、そして少しずつ外へ外へ広げてその輪を大きくしていく。

 

自分も含めみんなが抵抗を無理なく受け入れ

やりたいことができるようになっていけたらそんな世の中とってもワクワクする。

 

もちろん言葉で誰かにそれを押し付けるのではなく

まずは自分が体現していく。

 

行動して行動してそこでの自分だけの気づきをこうやって言葉にしてただここに綴る。

きっとそれだけで十分だと思っていて。

 

 

来年の抱負ありすぎな件wですが

思いついたことは絶対にやる!

(あ、できなくてもOKなのだけどw)

 

立派なこと言ってるけど

できない自分もへなちょこな自分も全部全部OKなんだ。

 

そうやって気が楽になっていいエネルギーを発することがこの記事の真意!(結局そこw)

 

 

 

 

カテゴリー : blog
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial